10月13日、地震の影響が心配されましたが、本年度も『農業農村体験フェスタin赤レンガ』が大盛況の中無事に終了致しました。

 このイベントは、都会に住む子供達に体験を通して農業や農村の魅力、大切さを伝えていこうと大勢の方の協力のもと開催しております。

 例年に引き続き剣淵町から『アルパカ』がやってきて癒されたり、『剣淵高校ワイルドボワーズ』のチアリーディングが会場を盛り上げ、各体験ブースでは行列ができるところが大半でした。今年度は新たに、『新十津川農業高校』『無煙炭ストーブ』『果物販売の今井ファーム』『アンビシャスファーム』が初参加で人気を呼んでいました。又、三菱農機販売、ヰセキ北海道による大型トラクター試乗も行列ができていました。

 来場者数も過去最高の昨年同様の11,000人以上と大勢の方にご来場いただきました。何より子供たちが1,100も訪れ、魅力を伝えることができたことがうれしく思います。毎年来られる方の他、初めて来られた方が6割と多く少しづつですが、認知されてきたのではないかと思っております。

 多くの親御さんも『あれもこれも体験したくて迷ってます(笑)』と農業の魅力を少しは伝えれたのではないかと思います。

 開催にあたり今回も多くのボランティアの方の協力もありました。昨年を上回る総勢約158名のボランティアの方には本当に心から感謝いたしております。

 今回私は実行委員長として、農業生産者として、農村に住む者として、少しでも多くの子供達や都市の皆さんに農業の魅力を伝える場があることを心から嬉しく思います。このイベントを支える大人の想い、子供達の嬉しそうな笑顔を形にすることが出来た事に心から感謝致します。

 北海道だからやれる事、都市に住むから出来る事、農業をやっているから伝えられる事。一つ一つを形にして、すべてはこれからの子供達の為に繋げていきたいと思います。

本当にご協力していただいたスタッフの方、ご来場頂いたお客様、沢山の笑顔をくれた子供達に感謝いたします。

 ありがとうございました!!

 

2018´農業農村体験フェスタin赤レンガ

実行委員長 高橋 朋一

 

平成30年度実施写真

     農業・農村の素晴らしさを実感しましょう!

 

 今年もやります! 第9回「2018農業・農村体験フェスタin赤れんが」

 

 このイベントは農業と農村の素晴らしさと大切さを知ってもらおうと実施してまいりました。

昨年は1万1千人を超える来場者を迎え、札幌都心部で農業や農村体験ができるイベントとして市民に定着してきました。

子供たちを主役にした餅つきを始め、脱穀・精米体験、製粉体験などさまざまな体験は、すべて無料。

全道各地の新鮮な農産物や農業高校の農産物も販売します。

今年も、最先端の大型トラクターが会場にやってきます!

そして、「 絵本の里けんぶち」で有名な剣淵町から、かわいいアルパカがやってきます!

さらに、「剣淵高校ワイルドボアーズ」がチアリーディングで華やかにステージを盛り上げてくれます。

 北海道農業の主要品目のほとんどを網羅する楽しい体験イベントといたしますので、

ぜひ親子でご来場し、農業・農村の素晴らしさや楽しさを実感してください。

 

                               農業・農村ふれあい実行委員会      

                              委員長 高 橋 朋 一        

                      記

 

 タイトル  2018農業・農村体験フェスタin赤れんが        

 日  程  平成30年10月13日 土曜日 10時~16時        

 場  所  北海道庁・赤れんが庁舎及び前庭(札幌市中央区北3条西6丁目)        

 主  催  農業・農村ふれあい実行委員会

 共  催    NPO法人農村と都市を結ぶ応援団        

 後  援  北海道、札幌市、札幌市教育委員会、北海道土地改良事業団体連合会、札幌市PTA協議会

 協  賛  ホクレン農業協同組合連合会、北海道米販売拡大委員会、

       北海道澱粉工業協会、北海道産青果物拡販宣伝協議会、北海道養豚生産者協会

 協  力  ボランティアふれあい農村、北大学生サークルAgees(アギーズ)、

       北星学園大学学生団体あさなぎ、札幌市民有志、(株)松原米穀店、

       (一社)北海道農業機械工業会、三菱農機販売(株)、(株)ヰセキ北海道

 目  的  ① 北海道経済と地域環境をささえる農村の魅力、「食」と直結する

         「農業」の大切さを、農業体験を通じて、こどもたちに伝えます。

       ② 都市住民と農業生産者との交流の一助として、農業に対する理解

         の促進と美しい農村文化の保全、農業の活性化をはかります。

 

 

  主な体験などの内容(すべて無料)

    などの表記は、チラシ裏面記載の体験ブース番号です。

 

 <整理券を配付する体験>

  ★は人数制限があり、イベント開始30分前を目処に、本部横で整理券を配付します。

 

(赤れんが庁舎 1号会議室内)

★ もち料理教室     …… 10:30(40名)

★ おにぎり作り教室   …… 11:30(40名)

★ バターづくり体験教室 …… ①12:30(40名) ②13:30 (40名)

★ ヘルシー豆教室    …… 15:00(40名)

 

(赤れんが庁舎前・南側)

 ハロウインのカボチャづくり体験 ……  ①10:30(50名) ②13:30(50名)

 餅つきぺったんぺったん体験 ……  ①10:30(50名)  ②12:30(50名)

                    ③14:30 (50名)

 

(北池前)

 道産きのこPR・収穫体験 …… 15:00(40名)

 

<整理券不要体験など>

(赤れんが庁舎前・北側)

 旨い!ご飯の食べ比べ …… 12:00(数量制限あり)

 おいしい豚肉・とんとんPR …… ①11:00(数量制限あり)②13:00(数量制限あり)

 

(赤れんが庁舎前・南側)

 蜂蜜のしぼり体験 …… ①10:30(30名) ②11:30(30名)

               ③13:30(20名) (合計80名)

 ● それいけ 北海道競馬 ……  ミニ体験(木馬(ポニーサイクル)、VRジョッキー)

 

(南池前)

②-1  脱穀体験 …… ①10:30 ②13:00 (合計300名)

②-2  とうみ体験 …… ①10:30 ②13:00 (合計300名)

②-3  籾すり、精米体験 …… ①10:30 ②13:00 (合計300名)

  インゲン豆剥き体験 …… 10:30~ (200名)

⑤  片栗粉でんぷがきづくり体験 …… 10:30~ (200名)

⑥  道産小麦のPR、小麦粉づくり体験(石臼で製粉) …… 10:30~ (100名)

  木のコースターづくり体験 …… 10:30~

  ビートにさわろう、綿菓子 …… 10:00~

⑰-1  美しい農村にトンボが飛びかう …… 10:00~

⑰-2 はさがけ、メダカふれあいコーナー …… 10:00~

 

(北池前)

 トラクターに乗ろう …… 10:30~

●アルパカ2頭 アルパカ牧場(剣淵町)…… 10:00~

 

<イベント>

 スタンプラリー …… 10:00~ 本部受付。

     次の6箇所まわって押印・アンケート記入で、楽しい景品を差し上げます。

     「アルパカ」「④インゲン豆」「⑫てん菜糖」「⑯北海道競馬」

     「⑰水土里とんぼ」「農業農村パネル展(赤れんが2階)」

 竹馬、コマ回し体験 …… 10:00~

 

<ステージ>

●太鼓演奏、パントマイム・ジャグリング、農業クイズ、剣淵高校チアリーディングなど

 (詳細時間は、決定後に掲載します)

 

 ◎ 同時開催イベント

<北池前> 

 農業高校PR、販売 …… 新十津川高等学校ほか

 屋台 …… 赤れんが食堂・赤れんが焼きそば・ふかしジャガイモ

⑳~㉙ 農産物販売(土地改良区など)

  ⑳富良野土地改良区、大雪土地改良区、北海土地改良区、栗山土地改良区、

  ㉕当別土地改良区、土地連桧山支部、てしおがわ土地改良区

  ㉘剣淵町軽トラマルシェ:(株)けんぶちVIVAマルシェ(剣淵町)

  ㉙ふたりのマルシェ:アンビシャスファーム(株)(江別市)

⑱ …… 無煙薪ストーブPR・かまど飯解説

 

(南池前)

⑩ 農業高校PR、販売 …… 剣淵高等学校、

●新規農産物販売 ……  「観光農園今井ファームwith宏自]が果樹販売されます。

             場所は南池前で「⑩剣淵高校」と一緒に販売です。

<赤れんが庁舎2号会議室>

●農業・農村パネル展 

●松浦武四郎と定山渓の歴史展

●農業用土管のペインティング(子供向け) 

 

    (連絡先)     委員長  高橋朋一  080-1886-8622

  (不在時の場合) 副委員長 笠原功悦   090-5072-2785  

 



体験写真(平成29年度)